挫・人間 blog


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不足と充足

こんばんわ、アベです。アベマコトです。
いよいよ、我々のアルバムが発売されますね。
じわじわと、何か制作していた時の話をできたらと思います。発売前後にね。

ひっさしぶりに、ブログを書くわけですが、なかなか書こうと思った事も書きたくないような書きたいような感じ。
ただ、長い文章でなにかアルバムの事を書き連ねたいと今後思うと思うので、そのリハビリにしよう。
もう、ざっくりと音楽の事を話そうかな。

どうですか、みなさん。音楽をどうお思いでしょうか。
動画がYoutubeに上がっているけど、Factoryに出たイースタンユースの吉野寿は「音楽は単なる気休めのためだけにあるのではなく、切実な切実な、生きゆく力になり得るのでありました。」と言って、雨ざらしなら濡れるが良いさ、を演奏してそれはもう、ぶっとぶ格好良さでありました。




本当にその通りであると思います。
何を言いたいかというと、ひとそれぞれ音楽との付き合いの仕方の形って色々ありますよね。
きっと、作った人の音楽の付き合い方と同じ考えを持つリスナーがその音楽を聞くのではないでしょうか。

例えば最近、やったらめった下川くんと聞く音楽が被ります。
もともと、下川くんにとって「音楽とは生きる力」に近いもの、だったんじゃないかなと思います。違うかな。
ただ、少なくても僕は音楽をかつては歌詞なんて割と雰囲気だけで良かったなぁ。音だけだった。歌詞なんて雰囲気しか読みとれなかったし。常套句に埋め尽くされていても良かったし、なにかそれが自分に衝撃を与えるものでも、それは自分の応援歌になるものではなかったと思います。

いや、もちろん生きる力だったんだけど、僕にとって音楽ってどっちかと言えば「気休め」だったんじゃないかしらと。
でも、最近というか挫・人間に入ってからオーケンだのピーズだの聞き出して涙を流す様になって、それはいままでの感覚とは違うような何かあって。きっとそれは音楽との新しい付き合い方の一つ、を見つけたのかなと思います。ほいでもって、下川くんもなんでかそれが最近できたのか、お互いのネイティブな音楽の付き合い方を会得し合ったせいで聞く音楽が被って、そのなんだ。便利。笑

ただ、そこで生まれた自分の中での音楽の付き合い方の融合?のようなものがとても面白いです。



たとえばこれは、ぼくが20歳になる前くらいに発見して以来、毎日病気のようにかかさず聞く曲なわけですが、この曲ですら最近は色々な見方が増えて来た訳だこりゃ。詳しくはこう、別に書きませんが。これ初めて聴いた時も泣いたけど、最近でも新たにまた泣いた。

だから、なんだ、貴方。この世には、数多の音楽がまだまだあってさ、自分の知ってる音楽のシーンが最高だと思ったら大間違い。最高な音楽なんて、まだまだ沢山ほかにもあるのよ。その知識の組み合わせで、今知ってる音楽が、もっと良いものになったり、悪いものになったり。その自分だけの音楽との付き合い方が、あなたのオリジナリティ!!のような気がする。
よーするに何を言いたいかというとね、ググれと!笑 それだけ!!!


これだけ、音楽の事しか考えてないんだけど、それでも生きる力とは言切れないもんなぁー。なんなんだろ。中毒みたいなもんで、行き過ぎた気休めなのかな。笑


そんなこんなで、我々のアルバムは6.19発売ですので、是非ともお手にとっていただけたらとっても嬉しく思います。また。

スポンサーサイト

サバンナ生まれNY育ち

こんばんは、アベマコトです。
なんとなく、挫・人間Blogの火を絶やさないようにと思いキーボードぱちぱちし始めました。思い付いたキーワードから、連想するままに文章を連ねてみます。

梅雨時期は、ずっと僕は鬱々とした気分になってます。一昨年も、去年もそうだった。それは、北海道生まれ、北海道育ちの僕に、梅雨の経験が無かった事が原因なんでしょう。ジューンブライドが幸せな意味が分かりません。

高校の一年生の時に、小修学旅行的な何かで田舎のペンションに泊まったわけですが、そこでオーナーのおじさんが話していた事に「山菜を嫌いでも20歳までに食べた経験があれば、大人になってから必ず食べられるようになる」という話でした。やはり、人間は若ければ若いほど適応能力が高いようです。

だから、若いうちは沢山の事を経験しておけ、と大人は言っていたのでしょうか。
僕は、前記した理由と同じ理由で、夏の黒い悪魔がやっぱり苦手です。初めて見た時は「あのテレビでみたやつだ!」とかそういう感激すら憶えましたが、いまでは恐怖感でいっぱいです。北海道のバンド仲間が東京でライブをしに上京した時に、新宿の路上を夏の黒い悪魔が歩いてるのを見て、みんなキャーキャー言いながら写真をとっていました。それは、狂気などではなく、好奇心から産まれるものだったのでしょう。

同じように、音楽だって早いうちに経験しておけば大人になってから好きになったりしないでしょうか。
中学時代に、初めてのギターの教則本を買った時に、勉強になる名盤として、はっぴいえんどの「風街ろまん」のジャケットが載っていました。僕は、初めてそこでバンド名とジャケットを目にしたわけですが、そこでの感想は「なんてダセぇんだ」といったようなものでした。バンド名がひらがなって事な気にいらなかったのでしょうか。ジャケットだって、髪の長い冴えない顔の男が並んでるだけです。右下の男なんで、ヒゲとか生えてるし、妙にワイルドで嫌だ。Let it beのパクリか?とか考えたんでしょうか。偏見です。音のイメージは、お昼頃のNHKの、フォークの英雄大集合みたいなのに良く出るイルカとか、さだまさしのイメージでした。

なんせ、中学生です。まだ、「アルティメット」とか「ファイナル」とかに欲情する年頃です。ところがどうでしょう、今では風街ろまんのジャケットを見るたびに、まるで孫を見る祖父のような緩んだ表情になり、その音と歌詞が耳をさわるたびに、僕は平成生まれを恥じて、プレモダンな世界観に憧れのまなざしを飛ばすのです。

だからなんでしょう、別に意見できるような身分ではありませんが、好きな事は沢山あったほうが素敵じゃないですか?嫌いなものにぶつかっても、二度と見ないぞ!と開かずの箱にしまう事もないんじゃないでしょうか。



(こんな事書いてどうするんだ。さぁ、事務事務。)

7月7日に国立地球屋!7月9日に新宿紅布でライブがございますよ。
是非とも、皆様来てください詳しくは↓をクリック!

LIVE情報

あと、サマソニ投票本当に皆様ありがとうございました。
今日で最後です。10日間投票してくださった皆様、本当にありがとうございます。ぼくら、自意識過剰なエゴサーチャーなので、いっつも投票してくださってた方々はさりげなく憶えてたりします。笑
最後の力を振り絞って、どうにか最終日の投票もよろしくおねがいします。この僕の乱文を、ここまで読める貴方の忍耐力さえあれば可能なハズ!

挫・人間 投票ページ

梅雨って、不安定。今日は寒かったですね。
さむいの


ブログ閲覧者増加計画

でれんのサマソニ2012投票おねがいします!
こちらから!


こんばんは、アベマコトです。
おひさしぶり、とかってレベルじゃないですね。そもそも一回しか僕は日記を書いていない。

理由なんてなく、ただ日記を書こうとキーボードをバチバチ言わせているわけで。ただ、なにかこのブログも挫・人間を聞いてもらえるきっかけになればなぁと。思いついたのが「検索キーワード」についてです。

僕はよく、自分の買ったものや、機材やブランドについて調べるために、買ったらすぐにまずその情報を検索してみるわけですが、それをきっかけにそのブログの事を定期的に見るような事がよくあります。それは、5年前のブログだったりもして、ある程度普遍的なキーワードを設置する事によって、恒久的にブログの閲覧者ができるのでは?と思ったからです。

前置きが長い。そこでなのですが、機材紹介なんてしてみたら検索でひっかかってきてくれる人がいるんじゃないかなと思って。それも、できるだけワードを多く書いて。生意気にも、プロまがいの事をやってみましょうと思い立ったわけです。よって、バンドマンのみならず、ベーシストでも楽しめる事の少ないような内容になっております。興味を持てなさそうな人は、下に張ってあるyoutubeを少し見る程度してみてはいかがでしょうか。笑


まずは今回、僕の使っているベースについてです。

1978 fender precision bass
プレベ

1978年に作られた、このフェンダープレシジョンベース。メイプルネックとアッシュボディの組み合わせのものです。この木材の組み合わせだと、大抵は5キロ近くまで重くなってしまうわけですが、僕のベースはなぜかギリギリ4キロあるか無いかくらいという軽量級。この軽さも、購入のきっかけのひとつでした。ちなみに、挫・人間の「人類のすべて」というアルバムはこのプレベじゃなくて、昔使っていたJazzBassで録音しました。(まだ手に入れてなかったから。)

軽いのはボディだけみたいで、ネックは非常に太くて重い。下手したら、ネック落ちするほど。最初は慣れませんでしたけど、パワフルなプレイをした時に受け止めてくれる懐の深さみたいなものを感じます。

状態もよく、見た目も黒ピックガードにサンバーストというこの年式じゃないと被らないルックス。fenderの70年代のベースもこの年代になると、現行fender usaの一番安いモデルくらいの値段になります。メイプルネックも、非常に耐久性が高いので、きっとおじいちゃんになっても使えるでしょう。

サウンドは、なるべくもう少し年式の古いプレベに近いものを意識してセッティングしてます。(74年プレベとか)そこで、プレートのクッションを外して粘りのあるハイミッドが出るようにしています。

あとはなんだ、そうそうコンデンサを。爆弾みたいなルックスのGEN INSTAのオイルコンデンサを。これにより、トーンを絞った時の音圧の変化を抜けが良いようにちょうど良くしてます。

そもそも、何故プレベかというと挫・人間では爆発的なサウンドから優しい甘酸っぱいサウンドまで求められる(勝手に思ってる)ので、もともと使っていた日本製にフェンダージャズベースではどうも無駄なパワーがそれを邪魔していたのです。プレベはその点、素直なサウンドであります。

最後に、サウンドのイメージとして、これらベーシストとか影響を受けた音をだそうとしてるってのを参考としてYoutubeから引用しておきました。といっても、影響のほんの一部でおおまかなものになりますが。そして、その一部を真似た演奏をSound cloudで貼付けました。ラインで録音し、アンプミュレーションやコンプにいたるまでかけておりません。



次回は、エフェクターの話でもしてみようかしら。

ちなみに、楽器の調整の相談などは全て町田にある素晴らしい楽器屋
MilliMetersMusicさん
に、大変お世話になっている次第であります。僕は貧乏で、全然お金を落としていってない迷惑な客なのですが大変よくしていただけます。みなさま、僕の代わりに沢山利用してください。この世で一番良い楽器屋です。



指弾き
はっぴいえんど 抱きしめたい(細野晴臣)


親弾き
YMO Thank You For Talkin' To Me Africa(細野晴臣)


スラップ
山下達郎 BOMBER(田中章弘)


ピック弾き
Gang of four-To hell with poverty(Dave allen)








西とは

こんにちは、ベースのアベマコトです。
はじめましての方ははじめましてですね、去年の9月くらいから加入させていただいているものです。

突然ですが、京都いってきましたよ京都。
僕は北海道出身なので、西日本でのライブは人生初めて。京都自体は3回目くらいなんですけどね。
挫・人間、見に来てくれた方本当にありがとうございます。深夜バスでお尻を痛めて行った甲斐があったというものです。

DSCF5071.jpg

早朝のSAにて、関西征服を目論むリーダー

DSCF5087.jpg

あらゆる場面でも肉体鍛錬を忘れない吉田くん


内容は、下川くんと同様で「みんなとにかく良い人だった。」っていう話になっちゃうので、その他の話をしようと思います。

ラーメンにも地域性が有るのと同じで、音楽にもやっぱり地域性があって面白いなぁって話です。
特に、大阪から来てた「anpretty(ゴリマッチョ)」さんとか、まったく音楽のアウトプットの仕方が全く違くてびっくりしました。気持ちよかったー。北海道でも、東京でも、絶対あの方法で音楽やってるバンドは居ないと思う。あと、ググったら僕の大好きなクリトリック・リス様のブログに居てびっくりした。

あと、やっぱり呼んでくださった「THEロック大臣ズ」は音楽的にも、人間的にも本当に素晴らしいバンドでした。
ボーカルの人なんか、全バント最前列で踊り狂って、僕らのライブでもダイブしたりしてたのに、自分の出番の時は誰よりも頑張ってた。
今まで対バンしてきた中で一番感動したかもしれない。こんなの地元にいたら絶対ライブ行っちゃうし。ギターの方が最近まで自分のバイト先と同じ駅の吉野家で働いてたってのも衝撃でした。笑
なによりもあと、お客さんに愛されているってのが凄く感じてですね。これは羨ましい。

人間のライブもお客さん、踊ってくれたし、演奏してて本当に心地よかったです。
ライブハウス「nano」さんも凄く良い所でした。スタッフの人とかも。

また、関西でライブできたらいいなぁーその時はまた、会いに来てくださいね。


« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

haburashiko

Author:haburashiko
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。