挫・人間 blog


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つまりなあ

つまり復讐!結局どこまで転がっても復讐!!
追い詰められ、虐げられ、張り裂けるときも常に弱者のそばにいた。僕にとっては正義のザコキャラというか、そんなひとたちがやるものが好きだった。
町田さんが夢にでてきたとき、パンクは喧嘩が弱い奴の音楽やて言っとって、グワーーーーなった。夢で。
全然、辻褄があってないことはしたくないのよ。狙って外した面白さなら、もっとはみださなきゃダメよ。イヤミなんだよ。イヤミ。僕の大好きなイヤミをくれ。這い上がった人間のつばをくれてやれ。
スポンサーサイト

マニア

僕はマニアであるべきであってコレクターではないってことなんですよね。
まあものの例えなんですが。

自分の好きな音楽を、思い出すように聴いてるんです。
ナンバーガールの演奏だとかも、かっこいいけど、これは優れた演奏技術のうえに成り立つものだ。と、わかりきったことだけで片付けてはならないと思った。
ドラムがこうでギターがこうでって、数値化できるような結果だけを忠実に再現するのはコスプレ的で、嫌じゃないですか。
そのコスプレをどこまでやり過ぎるかってやり方もあると思うし、本当に演奏することだけが好きな人はそれでいいと思うけど、僕が好きなバンドは、もっと、そのオモチャ箱をひっくりかえしたようなものばかりで、というかもう僕は単純に音楽であるだけではつまらないというか、何かしらの意味だかがあるものがいいんですよね。

くどいかな。やめます。

コスプレ的がどうこうとか言ってて、わかりやすい話をすると、昔KISSのトリビュートに筋肉少女帯とイエモンが参加したとき、外国人には、超忠実に再現したイエモンはボロクソで、メチャクチャにカバーした筋肉少女帯は大ウケだったって話を聴いたことがありまして。

ロマンですませられることが結局好きで、つまりいつでも漫画の世界を、唯一この世に引っ張ってくるツールというか、そういう美学は一度機会を逃すと一生理解できないもので、言い訳みたいなものがポンポン生み出されて、まあ僕も偉そうなことが言えたわけじゃないんだけど、そんな芸術とかで片付けられたくないってことおやすみ。

« »

04 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

haburashiko

Author:haburashiko
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。