挫・人間 blog


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曲とバンドが結びつかない。

あろうことかつじあやの聴いてて思ったんだけれど、
常に思うのが人間の曲ってのは統一性がなくて、こんな曲もあればこんな曲もあるって、それが良いところだと言われれば、まあ、聴いてる人が言うのだからそうなのかもしれないけれど(でも人間を好きでいてくれる人が言っているのですが)その考え方の大きなギャップに気づいたわけですよ。

メロディだとか曲調だとかは、統一性が無くても結構。と、僕も思うのだけど、
それが挫・人間の良さだとは言っても、
聴くときに、あー、この曲聴きたい。と、僕らの曲を聴いてくれることがあっても、あー、このバンドの曲が聴きたい。となるかどうかというのが僕にとっての大きな問題なんですね。
あれ、僕わかりづらい事言ってますよね。申し訳ない。自分の頭を整理するように書いてしまって、まあ、いいじゃないですか。僕のブログだし。文句言わんで。

僕は、曲が聴きたいは、とても肝心だし、マストだとも思うのですが、挫・人間というバンドは、あー、挫・人間聴きたいというところにはまだ達していないんじゃないの?と僕は思うわけだよ。いや、これを読んでるあなたは一切そんなこと思わないでください。
しかしそういうのが突き抜けるということなのかもしれんね。
やはり全員、意識してるけど、まだバンドとしての、というか、一演奏者としてのプレイヤーでしかないのかもしれないですな。それがなくなれば自ずとそういうものになっていくのかしら。
僕は学校行くとき町田町蔵(康になるまえ)かボアダムスかって感じで、曲どうこうじゃなくて、これが聴きたいって瞬間のために、このバンドがなくちゃ困るってのがあるんよね。

人間でもそういう聴き方してるワって話を聴いたことがあって、とても嬉しいです。死ぬまでそうあって欲しいものです。

まあなんにせよバンドがやれることはあとはもう本当、自分を突き詰めていくってことね。自分というか、四人で、我々とは…。と神妙になったほうがいいね。ってね。

人間でこの先、どんなギタリストがやっていくのかってのも関係するでしょう。

今日ギターのことについてTwitterで色々書きましたので、それについて明日色々書こうかなと思います。
ウンコしてきます。
じゃあの。
スポンサーサイト

« »

09 2011
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

haburashiko

Author:haburashiko
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。