挫・人間 blog


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あー


ぼくは高校1年生のとき彼女がいました。その彼女とはすぐ別れてしまうのですが、しかしまだ高校1年生だから卒業までには2年以上ある。すると、たまーにお互い1人の状態ですれちがうことがある。すごい独特の空間が発生する。なんか、そのときのことを思いだした。季節は秋で、いつもだったら音楽室でぶべんぶべんと、一体おまえはなんのためにそんなあほみたいに練習しているんだと、毎日学校が閉まるギリギリまでベースをひいて帰るはずなのに、(高校時代はベース弾いてました。)その日はなんでかHRが終わるとすぐ帰ろうと思った。1年3組のぼくは2組の横を通って、1組の横を通って、階段の横を通って、玄関について、靴をとって、さぁ帰ろうと思った。しかし自転車の鍵がないことに気が付いた。音楽室かなんかで落としたのかな?と思ったぼくは階段に戻り、階段を登って3階まで上がった。2年生のクラスの横を通って音楽室の2枚のドアをあけて音楽室に入り、鍵を見つけて、今日も誰も部活してないなー。と思って(毎日1人でした)、階段を降りて玄関に行こうとすると、むこうからあのこが来た。下をむいてた。学校指定のバッグに全然かわいくない青いリボンがついていた。
そのときはもうまったくそのこのこと好きじゃなかったんですが、なんだかむしょうに悲しくて、どうしようもなかったぼくは、当時大好きだったRADWIMPSを聴きながら自転車で帰った。大型バイクが急カーブを曲がるときみたいに車体を思いきり斜めにして田んぼと田んぼの間のカーブを曲がったりしながら帰った。

卒業式のときにひとりひとりスピーチしなきゃいけなくて、それがとても嫌だった。卒業式なんてついこのまえのことですが。ぼくの前の出席番号のやつがクラスで1番の人気者で、大爆笑をかっさらった。もう大盛り上がり。大団円。みんな笑い転げる。全員腹筋バキバキなる勢いで笑う。地獄だ。担任の中田先生が「次は、山口慎太朗!」と言う。今までの大盛り上がりが一瞬で静まる。おれはボルデモートかしら。名前を聞くだけでみんなが黙る。うしろに母親おるのに。焦りまくったぼくは「…あの…みなさん……一生懸命生きてください」とか言ってしまう始末。教卓のところで。まばらな拍手。速攻帰宅。「こんな馬鹿なやつらとはおさらばだぜ」とか思って速攻帰宅したんですが、今となっては速攻帰宅したの後悔しております。ほんとはずっと居たかったさー。ほんとはずっと居たかったよー。ちょっとしか話したことない人にも「ありがとね」ぐらい言えばよかった。きっともう会うことないのかもなー。ぼくが1番幼稚だったのだと、気付いたのはつい最近です。普通もっとはやく気付きますよね。いや、きっとまだ気付いてない。そしてまだ「同窓会とか誘われても行かんし」などと
いう発想が残っているのです。行きたいんじゃないのかい。行きたいんじゃないのかい。

高校卒業するときに「おれは過去を美化させたりせんぞー!ふんふん」と言っておりましたが、見事に美化しやがりました。しかしぼく高校、高校、高校、と、高校のことばっかり普段から言っておりまして、高校大好きだったんじゃないの?いや、大嫌いだったよ。だって、大嫌いだもん。ほんとに。

8月9日に熊本でライブをさせていただくわけですが、やはり故郷というものは特別ですね。死ぬほど泣くと思います。あの2両しかない豊肥本線の電車に乗って、乗ると必ず顔見知りがいるあの電車に乗って、「久しぶり」だなんて言いながら。新水前寺駅を目指すのでしょうか。

今僕はレポートに追われています。ブログなんか書いてしまって。キーボードパチパチ。東京で大学生になりました。
スポンサーサイト

Comments


« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

haburashiko

Author:haburashiko
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。