挫・人間 blog


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢にみた世界

もういい加減忘れそうだからスカートの中も解散したし、あのバンドについて書こうと思う。

スカートの中と僕は、僕が閃光ライオットの三次審査にひやかしで遊びに行ったときに出会った。
彼女らは二次審査で落選。でも当時僕らもお世話になっていた人を通じて、紹介されたのだった。

その頃「still flag」というバンド名で活動していて、ドラマーはV系みたいなルックスで、うえぽんさんも髪が腰くらいまであって、ヨリエはさらにデカくて、なっぴはもっと腐女子ぽかった。当時僕はヨリエにとって憧れの人で(というかヨリエは閃光に対しての憧れが凄まじかった)紹介されるなり奇声をあげてデカブツが接近してくるのでかなり恐かった覚えがある。

「あぁ~、どうも~」くらいの温度で返事して一緒に写真を撮った気がする。恐かった。そのときドラマー以外の三人で来てたけどヨリエのせいで全員恐かった。この日帰り際ヨリエはうえぽんに
「下川ってやつたぶんうえぽんに惚れたぜ」
的なことを言っていたらしい。
本当、彼女に何らかの不幸が訪れますように。

それから一ヶ月くらい後に別のバンドの企画で対バンすることになった。
そのとき僕は吉田と、何故かズボンズのドンさんと三人で謎のユニットでライブを行った。

その日のstill flagのライブは、いかつかった。
スカートの中の良さっていうのは、僕は彼女らは頭悪すぎて、普通だったらやれないようなことを無自覚でやってしまうような恐ろしさというものがあると思うのだけど、四人ともオーバーオールの彼女らはそれの塊で、僕が今でもうっすらと覚えているのだけど、
例のデカいやつが金切り声で
「挫・人間は気持ち悪い~!下川くんはお腹ペコペコー!」
みたいな支離滅裂な歌?を歌ってた記憶がある。何故か僕が恥ずかしかった。彼女らは楽しそうで、恐ろしいバンドだ…と思った。

その後なんやかんやあって仲良くなって、よくライブをみにいくようになる。僕、大学一年生の夏である。

ある日still flagのドラマーが脱退することになってしまってstill flagは解散することになる。解散ライブは渋谷のRuby Roomというところで、たまたま僕らと対バンだった。
ドラマーはラストライブなのにサポートで高校のころの軽音部の後輩が叩くという。ずーっとニコニコしてる女の子だった。

今でも覚えている。その日初めて「18階からとんだ女の子」の歌を聴いて、僕はびっくりした。これまでのイメージが覆ってしまった。なんていい曲だ、と思った。すると曲が終わって、
「still flagは解散しました…そして新バンド、スカートの中でーす!よろしくお願いしますー!」と言って「妄想彼氏」を演奏し始めた。
解散から五秒、スカートの中結成と初ライブの瞬間に立ち会ってしまった。

この日からほぼ毎回、欠かすことなくスカートの中のライブをみてた。
結成から三ヶ月くらいでデビューが決定した。しかしその頃はたしかにバンドがメキメキ成長していってて、みてて面白かったんだ。

ここまで書いて面倒くさくなってきた。
とにかく色々あったんだ。
僕が一緒にいてすごく嫌な思いした記憶もあるし、楽しかったこともたくさんあったのです。

ずーっと長いことスカートの中のライブをみてて、どんどん有名になっていく彼女らをみてて僕は嬉しかったのだけど、僕はここ数ヶ月前からライブに行かなくなった。たぶんサーチライト2で出演してもらったあたりが最後かな?単純にサボりすぎた大学のツケが回ってきたのもあるけど、とにかく色んな理由でしばらくライブを見てなかったのである。

そしたらメンバーから、バンド辞めることになったって、スカートの中、解散することになりましたよって感じのメールがきてて、一応びっくりはしたけど、なんだか、あぁ、やっぱりか…という気持ちもあった。しかし残念で、僕がそれを阻止することもできたんじゃないかな、とも思ってしまった。

解散ライブは自分のライブの次の日だった。
レッドクロスが超満員で、ちょっと前まで客が身内しかいなかったのに、愛されてるんだなぁと感心した。そして人酔いした。

スカートの中、一曲目はいつもライブの最後にやる「ばりら」だった。
なんだかもう神聖で、最後の最後に跡形も残さず燃え尽きようとしているバンドのライブをみているんだという感動と、あ、これ最後なんだなって気持ちでなんだか涙がでてきた。

それで「18階から~」の前にMCでデカブツが、
「こんなこと言わない方がいいって、下川ってやつに言われたんですけど、私は本当にずっとこの曲をやるのが嫌で…」
という話を始めた。
ヨリエは、死ぬ側じゃなくて殺す側の人間で、って、会場では笑われてたけど、本当にそうで、いじめられたら殺してやる…ってエネルギーにかえてしまうタイプの人間のヨリエが、こういう人(モデルがいるらしい)の曲をやるのは、嘘だし、すごく嫌だ。と僕はずっと聴いていて、
とはいえ僕はあの曲好きだし、みんなもあれが聴きたいだろうし、曲にされたこも、それじゃ報われないんじゃないの~?くらいに返していたのだった。というかもうそれくらいしか言えなかった。

でもこの日ヨリエは、その女の子が
「いいんだよ」って言ってる気がしたんです。って言ったんだ。
僕はすごく嬉しかった。ヨリエは最後の最後に、自分が生み出したあの曲と、仲直りすることができたんだと思う。許すことができたんだと、僕はそれが嬉しかった。

スカートの中の解散は終わりじゃなくてスタートですとうえぽんが言ってた。僕もそう思う。終わりは終わらせる意思があるときだけのものだ。何も終わりはしないんだろうな。

僕は終演後、打ち上げにも誘われたけど、メンバーに一言声かけたら帰ろうと決めていた。
彼女らはスタートだと言ったし、これからの彼女らに昔の話とかして水をさしたくなかった。あと単純に打ち上げが嫌いなのですごい行きたくなかった。
でもバンドが解散して、四人とはもしかしたらもう会うこともないかもしれないのに、一言だけでいいのか?というのも、そもそも、そんな頻繁にあの四人に会いたくないし!
サヨナラをするときというのは憎しみあっているときだけだと僕は思う。
笑ってサヨナラだなんて残酷じゃないか。サヨナラだけが人生だ。だからサヨナラのときに惜しめば惜しむほど惜しくなるに決まっているのだ。
つらいのにわざわざサヨナラをするのは、前進するためにどうしてもサヨナラしなくちゃいけないときだけだ。
僕は彼女らが言うほどは憎くないし、今後会うかどうかなんてわからないし、別に断ち切らなくても困らないから、ちゃんとしたサヨナラなんておかしいのだ。
おれと君たち、本当に憎しみあえたときはサヨナラしようね。

小田急線にのるために駅に向かっていると衣装の姿のままハダシでヨリエが「のし…のし…」とやってきた。僕は話したくねーってスタイルだったけど、一緒に話しながら駅まで行った。
ヨリエとこのときした話は普段するような話で、特別な内容はなかったので覚えていない。なんか、またライブいくよーとか、今度はこういうバンド組むんだーとか、そんなんだった気がする。普通にライブの感想言って、じゃあまた。と帰った。

あの日スカートの中というバンドがなくなって、僕はクソほどみたバンドだっただけに残念だったけど、YouTubeでいつでもみれるし、たとえ誰からも忘れられても、それはきっと大した問題じゃないと思うし、Twitterにのってた打ち上げの写真とかみてたら、なんだか楽しそうにお酒飲んでるみたいで、これこの場にいたら確実に僕怒って帰って空気悪くしてただろうし、なんにせよスカートの中ってバンドの貴重な解散ライブをみれて楽しかったのでとても良い日だった。
たぶん皆にとっても、解散は残念だっただろうけど、良い日になったんじゃないかなと思う。

ちなみにこの日、通り魔が熊本からこっちに帰ってきてみると、当たり前だけど育てていた花は枯れていたらしい。
超かなしい超かなしいと通り魔は自分を責めていて、僕はアハハと笑っていたのです。
花はいつか枯れる。それはどんなに手を尽くしても避けられないさだめで、枯れてしまうと悲しい。しおれた花を抱きしめて自分を責める。
だけれど花は土に還り、そこに種を蒔けば次はその花は土になって次の花を咲かせる。そうやって花はなんども咲く。咲くたびに枯れる。喜びは永遠じゃないけれど、悲しみも永遠なんかじゃないんだ。色んな花を咲かせて、それは別になんの役にもたたないかもしれないけど、花はとにかく咲く。何度も何度も僕らの手で咲く。サヨナラだけが人生だ。だから僕は花が咲く喜びを花が咲くたびに何度でも全力でかみしめていたいよ。

僕は次の日の朝日が昇るころに思い立って一つサヨナラをした。
女子大通りを朝焼けが照らして僕は目を細める。
苦しむことは多いが悲しむことはないのだ
詩人が歌う。
僕は公園のベンチから立ち去り、家路を急いだ。
スポンサーサイト

Comments

No title 
そして人生は続くんですね
 
素晴らしい。よくご存知ですね。
続くんですよね。シネマみたいですね。
 
ボクはまた彼女たちと対バンして全力で叩き潰すのが夢であり、目標の一つでした。
彼女らが解散した今、それがこれから、君たちに変わりました。
ライブハウスのステージで会おう。
では。

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

haburashiko

Author:haburashiko
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。